福祉の仕事

音楽療法士

日本音楽療法学会が認定している民間の認定資格です。また、音楽系の大学や専門学校などの中には、専門科目を履修した卒業生に対して音楽療法士の認定をしている教育機関などもあるようです。岐阜県や兵庫県などでも独自に基準を設け、音楽療法士の資格認定を行っています。資格を取得するには、それぞれの団体の規定に合格する必要があります。 音楽療法とは、音楽を聴く・演奏することで得られる生理的・心理的な効果を心身の健康の回復や改善に役立てることです。医学療法とは区別され、アロマテラピーやカイロプラクティクスなどと同じように代替医療・補完医療などよばれています。重大な疾病、疾患を治す力はありませんが、症状に対する抵抗力やリハビリなどの効果、医療行為の効果を高める補助的な役割を果たすと考えられています。そのため、音楽療法士は音楽についての専門的な知識と同時に、医療や介護といった分野の知識も必要とされます。音楽を通じて身体や精神的な問題にアプローチし、改善をはかる専門家といえます。 音楽療法士が活躍する場として、病院やリハビリセンターなどの医療施設、老人ホーム、知的障害者福祉施設、養護学校、児童福祉施設などがあります。